東海エリアの一戸建て・新築・不動産関係ならイエタスにお任せください。

東海エリアの一戸建て・新築・不動産関係なら
イエタスにお任せください。


登録免許税について


2015.10.22

こんにちは 営業の小島です。

今回は登録免許税についてお話します。

土地や住宅を取得すると、自分の権利を確保するために所有権の保存登記や移転登記をすることになります。

登記は、司法書士に依頼するというのが一般的なので、税金を納めているという感覚はあまりないかもしれません。

しかし登記のときは必ず税金を納めなければなりません。

登録免許税の計算式は下記の通りです。

不動産の価格(固定資産税評価額)×税率=税額

税率は登記の内容によっ異なります。

所有権の保存登記0.4%

所有権の移転登記2%

抵当権の設定登記債権額の0.4%

上記が原則の税率です。

平成29年3月31日までに住宅を購入すると税率が軽減されます。

所有権の保存登記0.4%→0.15%

所有権の移転登記2%  →0.3%

抵当権の設定登記0.4%→0.1%

(一定用件をそなえた住宅用家屋に適用されます。詳しくは税務署にお問合せ下さい)